名古屋市の療育施設 roci-roci

スタッフ紹介

roci-rociでは幅広く経験を積んだスタッフがお待ちしております!

合同会社ロシナンテ 代表/集団療育担当
中山 亮介

愛知県出身。通信制高校サポート校KTC中央学院講師を経て、屋久島へ移住。安房ゼミナールを開校。その後地元名古屋にてロシナンテ、ロシナンテ2を開業し、第二プロジェクトである現在のroci-rociをスタート。集団療育を担当する。

「自立した自由な人生を生きる」これがroci-roci のコンセプトです。
ロシナンテから続く「普通や当たり前に振り回されず自由に表現出来る場所を作る」というコンセプトをアップデートして考えた時に「幸せな人生」とは何だろう?と思案を巡らせました。
そして、人の幸せは様々だが自由に選び取ること、選ぶ自由を獲得することがその子にとっての幸せにつながるのでは無いかと考え、roci-roci( ロシロシ) のコンセプトとしました。


臨床心理士/公認心理師 (国家資格)
中山 理恵

屋久島にて安房ゼミナールを開校。その後名古屋にてロシナンテを開業。軽度発達障がいや学習障がいを抱える子供達に出会い、より専門的な知識習得の必要性を感じ椙山女学園大学大学院に入学し、臨床心理学領域を修了。心理士の資格を取得した。療育に関して様々な療法を学び、包括的な療育の必要性を感じた事から、Collective CareSystem(包括的療育)を取り入れroci-rociの療育全体を統括する。

「この子が将来自立して生きてゆくためには何をしたらいいんだろう?」「自分がいなくなった後、1 人で生きてゆくためにはどんなことをさせたらいいのだろう?」保護者の方々が抱える一番の悩みではないでしょうか?
軽度発達障がいと呼ばれるグレーゾーンの子ども達を、障がい者として生きてゆくことを社会は許してはくれません。
障がいが軽度であるがゆえに特別な配慮を受けにくく、自分を責めたり、生きづらさやしんどさを持っている子どもたちがどれだけいることか。
私は心理士としてそんな現状の中で子どもとご家族を支えていきたいと思っています。


個別療育担当/オーガナイザー
古川 進郎

名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻 博士号(理学)大学院生時代から複数の民間企業や官公庁付属の研究機関で生命科学系の研究に従事。障がいをもつ長女の影響を受けて研究分野から離れ、重度知的障がい者(成人)の日中支援に従事。2019年よりグレーゾーンの子どもたちへの支援の重要性を感じロシナンテに所属。以降、一人ひとりの子どもに寄り添った支援を行っている。

嫌いなこと、苦手なことは誰にでもあるものです。でも同時に好きなこと、得意なことも必ず誰もがもっています。一人ひとりの「好き!」「得意!」「やりたい!」を大事に大事にでっかく育て、この先いろいろなことに前向きに関わっていける「自信」をつけてもらえる支援・指導を行っていきます。


学習支援担当/教室長
酒徳 慧

愛知県出身。生きづらさを抱える子どもの支援をしたいと、発達障害児向けの個別支援塾ステラに約4年間従事。数学やプログラミング、SSTを担当し、本人のやる気や特性に合わせた授業を実施。また、支援者としての引き出しを増やすため、個別支援塾と並行して放課後等デイサービスや日中一時支援事業所のべ4ヶ所にも勤務し、様々な手法やアプローチを学び、支援に繋げている。

初めまして。学習担当の酒徳です。みなさんは勉強と言うとどんなことをイメージするでしょうか?「つまらない」とか「いや」とか、あまりいいイメージのない人の方が多いと思います。そんなあまりいいイメージのない勉強も、「できた!」「わかった!」となると「もうちょっとやってみようかな?」となってきたりします。そんな「できた!」「わかった!」をたくさん経験して、少しでも「つまらない」勉強を楽しくしたり、付き合っていけるように一緒に勉強していきます。